深刻化する日本の少子高齢化をロボットが救う!?

少子高齢化が進む一方の日本。ますます深刻化するのは明白です。そんな日本に残された道は一番はもちろん若者が子供を産むことですが、それも簡単なことではない。
妊娠したくても授からない人もいれば、そもそも結婚しない選択をする人も増えているという。
そうなると、次に考えられるのは外国人の受け入れです。日本は移民の受け入れには消極的な姿勢ですが、そうも言ってられなくなりますよね。そのうち。移民が増えると治安だったり宗教の問題だったりまた新しい課題も増えると思いますが。
そしてもう一つの道はロボット!実は個人的にはすごく期待しています。やっぱり日本はテクノロジーで戦後急成長した国だし、これからの危機もテクノロジーで乗り切ってほしい!
ロボットをあちこちで見かける時代が来るかもしれませんよね。人件費の節約にもなるし、正確だしロボットがこれからの国の担い手として活躍してくれたらいいなと、凡人の私には発明する能力はないので願うだけですが。笑ミュゼ 未成年