スカイ・ナビゲーターとしても活躍する舞月なぎささん

2008年に94期生として宝塚歌劇団に入団した 舞月なぎささん 。初舞台公演は、月組『ME AND MY GIRL』でした。宝塚歌劇の専門番組タカラヅカ・スカイ・ステージのスカイ・ナビゲーターの第4期生として、宝塚の情報番組タカラヅカニュースの司会などで活躍しています。
花組に配属になり、2009年『外伝ベルサイユのばら −アンドレ編−』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、オスカルが隊長になる衛兵隊の隊士の1人を演じました。2011年『ファントム』では、ファントムを取り巻く従者の1人に選ばれました。2013年『オーシャンズ11』新人公演では、ダニー・オーシャンの仲間の1人であるハッカーのリビングストン・デルを軽快に演じました。
2014年『エリザベート -愛と死の輪舞-』では、黄泉の帝王トートを取り巻くダンスのみで表現する黒天使の1人に選ばれました。新人公演では、ハプスブルクの重鎮のグリュンネを演じました。2015年『新源氏物語』では、光源氏と藤壺の女御の不義の子である冷泉帝を演じました。背中 脱毛 ミュゼ