ココナッツミルクの効能について紹介しましょう。

ココナッツミルクは、主に東南アジア(タイ、マレーシア、スリランカ)で料理に使われます。

私はこれまでココナッツミルクを味わったことがない食材のひとつです。

日本では調味料として知られていないようですが、ココナッツミルクの独特の風味は、カレーや香辛料の効いた料理と相性がピッタリ合います。

他にも女性にお勧めのヘアーコンディショナーとしても使用できます。

そこで、ココナッツミルクの効能について紹介しましょう。

ココナッツミルクは、善玉菌コレステロールを増やしてくれるラウリン酸を含み、甲状腺機能を回復させる力があるので、適切なコレステロール値を保ってくれます。

また、体脂肪として蓄積されにくい中鎖脂肪酸のため、痩せにくい腹部の脂肪がつきにくくなり、ダイエットにも効果が期待できます。

ココナッツミルクは調味料だけでなく、髪や皮膚の保湿剤としても適しています。

そのほかにも、農薬や殺虫剤など肌から吸収される毒素を排除してくれます。

頑固なメイクや日焼け止めを落とすメイクアップリムーバーとしても使うことができます。まさに万能オイルといっても過言ではないでしょう。

ココナッツミルクは、ココヤシ産だけあってとても栄養が豊富です。市場では缶入りパッケージとして流通しています。ただし保管する際には注意が必要です。

開けたままにしておくとすぐに傷み酸化してしまうので、早めに消費しましょう。

私も機会があれば是非味わってみたいココナッツミルクです。

ココナッツミルクは、健康・美容効果に期待できます。目安は1日コップ1杯程度を継続して飲むと、中性脂肪値やコレステロール値の数値が下がりますよ。ただ、カロリーが低くないので、飲みすぎに注意しましょう。https://www.suburbanexpress.co/yosan/